Read Article

Q&A

ご質問をクリック頂ければ、ご回答が表示されます。
 
農業は自然とふれあい障がい者が無理なくその能力に応じて働くことができます。またメンタル面においても良いお仕事です。
 
アクセス・アイと企業とは、賃貸借契約を基本とした農業生産支援アドバイスを行う契約になります。
 
雇用いただく障がい者スタッフはあくまで御社との雇用契約になりますので、問題なく法定雇用率の算定対象人員としてカウントされます。 あくまで、御社とご契約を頂いたスタッフが、ハートフェルト農園における貸ブースにて勤務するという形態です。
 
自社でハローワーク等に求人を出して、採用活動を頂いても結構ですし、人財クリエイション株式会社にて、障がい者スタッフならびにリーダー人材もご紹介させて頂くことは可能です。人財クリエイションにおいては、Webや地域の媒体を通じて継続的に登録スタッフの募集をしていますので、その中からご紹介させて頂いております。
 
知的障害、精神障害の手帳を持たれた方が働いています。身体障害者の方については、内臓疾患等の障害であれば、勤務については問題ございません。ただ、バリアフリー化された農園ではないので、車椅子等での勤務は難しい状況です。
 
現在、ハートフェルト農園で勤務いただいているのは軽度の知的障害の方と軽度の精神障害の方が中心ですが、皆さん通常のコミュニケーションにそこまでの支障があるわけではありません。ただ、業務の説明などを一つ一つ丁寧にサポートする必要があります。障がい者スタッフとのコミュニケーションや、指導については、リーダーに対してハートフェルト農園にて常駐する精神保健福祉士による研修やサポートもありますので、ご安心ください。
 
リーダーの採用につても、自社でハローワーク等に求人を出して採用活動をしていただくことが可能です。同様に、人財クリエイションにてリーダーの紹介もさせて頂いております。人財クリエイションでは、媒体等による求人並びに地域の媒体から人材を紹介させていただいております。また、御社において労務管理等の経験のあるOBの方や、現職の方がそのままハートフェルト農園でお仕事に従事して頂くことも可能です。
 
リーダー人材については、シルバー人材・パートの方を想定しており、障がい者の方とコミュニケーションをとってもらいながらスタッフのサポート並びに、雇用管理等を行ってもらっています。また、生産を障がい者と一緒に行い、出荷までの指揮をとっていただきます。
 
リーダー人材がお休みの際には弊社の農園における管理スタッフがサポートして、メールまたはChat等で出退勤状況ならびに勤務状況について記録サポートを行います。
 
出退勤簿・タイムカード・PC・タブレット等によるタイムカード端末の設置が可能です。出退勤はあくまで各社毎で管理していただいています。農園には、インターネット回線が引かれていますので、Wifi、LANケーブルによる端末からの入力も可能です。また、出退勤の管理するためのツールの導入につては、Real&Cloudグループにおける社労士法人等でのサポートも可能ですのでお気軽にご相談ください。
 
ハートフェルト農園から、通勤送迎用のバスを出しております。泉佐野駅・日根野駅を経由して、農園までの送迎をしています。帰りも同様に駅まで送迎しています。勤務時間は現状9:00~16:00までのうち、1時間休憩がはいって6時間勤務でお仕事をしてもらっています。
 
本社スタッフの方は、まずは紹介者との面談をして頂いております。遠方の方についてはWeb面談の設定も可能です。また、採用者が決まって、チームとしての運営がスタートする段階で、初日については導入の際にはハートフェルト農園におこし頂いて雇用契約等のご説明をお願いしております。チームの運営がスタートした後は、リーダーと情報を共有して頂きながら遠隔で労務管理をお願いします。その後は、定期的・不定期的で結構ですので視察にお越し頂ければ、よりチームのメンバーの励みになるかと思います。
 
他の農園型障がい者雇用事業者との最も大きな違いは、役に立つ商品が生産できることです。胡蝶蘭は、贈答用の大輪胡蝶蘭のほか、福利厚生利用のためのミディ胡蝶蘭が生産可能です。スプラウトは、生産者が少なく、特徴のある商品となってますので、比較的、販売が容易です。これにより、障がい者のスタッフが農園で従事した業務が経費の削減・売上に反映され、障がい者スタッフや、リーダーの人件費、賃料等の費用を補填していただくことが可能になります。いわば、きちんと売上をつくり、事業化を目指せる障害者雇用の仕組みづくりを目指していることが、最も大きな違いであるといえます。単なる数合わせに終わらず、障がい者スタッフも会社の役にたつ体制をつくることが本当の障がい者雇用促進につながるとアクセス・アイは考えています。
 
生産される胡蝶蘭や野菜について弊社の買取に関する保証はございません。また、流通に流した場合も直売所や店舗での売上に応じた買取となります。
 
生産した商品を販売するのであれば事業目的に「農業」の追加を頂く必要があります。販売しないのであれば、定款変更の必要はありません。
 
胡蝶蘭を中心に、社内での需要、贈答でのプレゼントや福利厚生にご活用いただき事業としての売上を計上しない方法も可能です。
Return Top